生まれて初めて入院した 

TOP > 月影丸の間 > 風にざわめけ > 生まれて初めて入院した
2020年8月に、49年以上の人生の中で初めて、入院してしまいました。
その記録です。

2020年8月8日(土)

朝5時頃、腹痛がひどく、救急車で病院に運ばれた。
CT検査の結果、腸に便が詰まっている上、ひどい貧血とのこと。
浣腸で腹痛はいったん楽になったが、入院決定。(315号室)
その日のうちに輸血を2単位してもらった。
レントゲン写真も撮られた。
輸血中に今の職場に事情をメールした。

2020年8月9日(日)

腸の通り道がほとんどないので食事はなし。
ひたすら点滴。

2020年8月10日(月)

朝から採血された。
無料の部屋に移動。(321号室)
3日ぶりのシャワー。
仕事のエージェントに事情をメールした。

2020年8月11日(火)

また採血された。
10:30 腹部造影CT
13:00 仕事のエージェントと電話で話した。

2020年8月12日(水)

03:40 点滴の針が痛いので左腕から右腕に変えてもらった。
09:30 胃の内視鏡検査を受ける。
胃には特に大きな異変はないとのこと。(軽い逆流性食道炎だと言われたが。)
入院してから今まで水を飲むのも禁止だったが、胃の内視鏡検査が終わったので、夜からお茶解禁。
ただし、看護師さんが持ってこなかったので飲んでいない。
家から持ってきた本を読み終わった。
「そして誰もいなくなった」クリスティ

2020年8月13日(木)

朝、またお茶を忘れられた。
8時45分~12時45分の間に下剤を2リットル飲んだ。
15時から腸の内視鏡検査。

2020年8月14日(金)

11:00 注腸検査(腸に液体を入れてレントゲンを撮る)。
これが一番つらい検査だった。
15:30 担当の先生から下記のお話。
・腸をふさいでいるのは腫瘍の可能性が高い
・8月25日に除去手術をする
・最短退院は9月8日になる

2020年8月15日(土)

5日ぶりのシャワー。
朝、本を一冊読み終わる。
「日本の怪談」ラフカディオ・ハーン
夜も一冊読み終わる。
「そして誰もいなくなった」クリスティ
(この本は入院してから2回目。)

2020年8月16日(日)

入院の保険の書類を途中まで書いた。
職場とエージェントに入院が一か月になることを連絡した。
病棟のラウンジにあった本を借りて読んだ。
「謎まで三マイル」コリン・デクスター

2020年8月17日(月)

手術前のエコー検査を受けた。
12時台にエージェントから電話があった。
15時に隣りのベッドの老人(ときどき中国語で挨拶するツヤマさん)が5階に移動した。

2020年8月18日(火)

朝8時から2時間帰宅した。
朝、病棟のラウンジから借りた本を読み終わった。
「ウッドストック行き最終バス」コリン・デクスター
点滴の針の場所を右腕の上腕に変更した。

2020年8月19日(水)

家から持ってきた本を朝読み終わった。
「ベンスン殺人事件」ヴァン・ダイン
10:30 保険会社に電話して、手術用の給付金申請書類を送ってもらうよう頼んだ。
15時 斜め向かいのベッドの老人(アオヤギさん)が退院。
老人は病院のラウンジ(テレビの広場)でかなり長く待った後、去って行った。
夜も一冊読み終わった。
「火曜クラブ」クリスティ

2020年8月20日(木)

10時にシャワー。
14時に先生から手術についてお話があった。
15時に手術室に行き、高カロリーの点滴に変更された。

2020年8月21日(金)

向かいのベッドの老人(いびきがとても大きく、トイレの後に手を洗わないヤマジさん)が退院。
老人の仕事は肉体労働で、風邪を放置して肺炎になったらしい。
老人なのに甘ったれた喋り方をし、病棟のラウンジで借りた漫画(美味しんぼ)をいつも読んでいた。

朝11時半ごろに本を一冊読み終わった。
「ナイルに死す」クリスティ
13時半ごろシャワー。(二日連続で浴びられてラッキー。)

2020年8月22日(土)

朝の6時に採血された。
先生が来て、まだ貧血なので月曜に輸血すると言われた。
10時ごろ、黄色い9リットルの点滴に変更。
11時に「体拭き」。
夜、雷の音がした。

2020年8月23日(日)

10時前に大雨の音がした。
本を一冊読み終わった。
「グリーン家殺人事件」ヴァン・ダイン
昼はお茶が来なかった

2020年8月24日(月)

斜め向かいのベッドの人(ひとりごとの多い人)が明日退院決定。
12時にシャワー。
14時~18時に、輸血を480cc(これを2単位というらしい)。
本を一冊読み終わった。
「僧正殺人事件」ヴァン・ダイン

2020年8月25日(火)

朝9時半から腸の腫瘍を切除する手術。
その夜はICU室で過ごした。
体中にさされた点滴や管がかゆくて朝まで地獄だった。
もう二度と手術などしたくない。

2020年8月26日(水)

ICU室から315号室の最初のベッドへ移動。
無料のベッドが空くまでとのこと。

2020年8月27日(木)

9時に尿の管を抜いてもらった。
8時に水とお茶が許可された。
ただし、ガブ飲みは禁止とのこと。

2020年8月28日(金)

「体拭き」の日。
321号室の2番(窓際のベッド)へ移動。
窓から病院の入り口とバス停、地下鉄の入り口が見えるようになって、嬉しかった。
(病院を訪れる人や車や救急車などが全部見えるようになった。)

2020年8月29日(土)

18日に入院した脚の怪我の人(シモヤマさん)が退院。
(20日から321号室に移動してきた人。)
10時に「体拭き」。
17時に腰の管のまわりのシールを張り替えてもらった。

2020年8月30日(日)

バイクレースで居眠り運転する夢を見た。
夜の3時ごろ、手術後初のお通じがあった。
腸が正常に機能している証拠だ。

2020年8月31日(月)

朝5時にまたお通じがあった。
朝、採血があった。
手術の傷口のシールをはがしてもらった。
9時にレントゲンを取った。
12時に、23日ぶりの食事(重湯だが)。
この日はお通じが何度かあった。

2020年9月1日(火)

8時に、腰の管と手術の傷口をふさいでいたホッチキスを取ってもらった。
9時半に隣りのベッドのおじさん(トクラさん)が手術室へと旅立って行った。
成功を祈る。
10時に「体拭き」。

2020年9月2日(水)

8時に最後の点滴を抜いてもらった。
これで体に刺さっているものは何もなく、自由になった。
11時に、隣りのベッドのガラの悪いひとりごとを言うおじさん(タナカさん)が部屋移動で去って行った。
夜中に言っていた「もう死んだ方がましだ」が印象的。
体を自由に動かせないときの気持ちは痛いほどわかった。
14時にシャワー。
その後、窓の外では雨が降り出した。
斜め向かいのベッドの人(オクモトさん)は明後日退院決定。

2020年9月3日(木)

夜中(早朝)も雨。
朝は晴れたが、10時ごろにまた土砂降りとなった。
10時にシャワー。
13時半に病棟のラウンジから借りた本を読み終わった。
「亜空間要塞の逆襲」半村 良
小学校か中学校のときに友だちの大石くんから借りて読んだことのある本だ。

2020年9月4日(金)

斜め向かいの人(オクモトさん)が退院。
今日の昼から食事が五分粥になった。
13時に仕事のエージェントと電話で話した。
16時40分ごろ、病棟のラウンジから借りた本を読み終わった。
「闇の中の系図」半村 良

2020年9月5日(土)

午前4時40分ごろ、ずっと大声でしゃべっていた斜め向かいのベッドの人が他の部屋に移動させられた。
4時頃からしゃべり続けていて、同じ病室の人を全員起こしてしまったため。
10時に「体拭き」。
お昼の食事で初めてパンが出た。
13時50分ごろ、向かいのベッドの人(イナバさん)がリハビリのしやすい5階に移動した。
病棟のラウンジから借りた本を一冊読み終わった。
「鏡の中の世界」小松 左京
14時にシャワー。
夜は稲光。

2020年9月6日(日)

明け方に雨(おそらく夜からずっと)。
朝6時ごろにお通じ。
九州に台風が来ているらしい。
今日の昼から食事が全粥になった。

2020年9月7日(月)

雨。
15時に先生からお話があった。
もう明日以降に退院してもいいとのこと。
シャワーを浴びた。
シャワーを浴びる直前に看護師さんに明日午前10時に退院する旨を伝えた。
病棟のラウンジから借りた本を読み終わった。
「死神伝説」半村 良
仕事のエージェントと電話で話した。

2020年9月8日(火)

午前10時に退院。
入院費用がカードで払えることがわかり驚いた。

TOP > 月影丸の間 > 風にざわめけ > 生まれて初めて入院した