戻る 寝盗太郎の間 月影丸の間 リンケンの間 書きおき 筆談 来庵者帳 友人の庵 手紙

或人、弓射る事を習ふに

143. 或人、弓射る事を習ふに by Rinken 2006-08-17 23:18:47

台風が接近中。
蒸し暑く、雨が降り、雷が鳴るというすごい一日だった。
さいわい、会社の行きも帰りも私が雨に降られることはなかった。
お盆の雰囲気もそろそろ終了のころか。


きのう「勝つ」と断言した将棋の試合は、・・・投了してしまった。
時間がなくなり、ほぼ負けが確定していたので、仕方なく・・・。
きっと、昨夜は例の激むずプログラムとの対局をさぼっておこなわなかったのが原因に違いない。
継続は力なり。
「毎度ただ得失なく、この一矢に定むべしと思へ」の精神から、やはりもう一度、次は必ず勝つと断言しておこう。

144. by もび 2006-08-18 22:45:09

「月下の棋士」を読破して
一手ごとに鼻血ブーしたり発狂するのです!

145. by Rinken 2006-08-19 00:27:23

では、私も両歩突きから始めます!!

146. by もび 2006-08-19 00:42:52

やっぱりご存知でしたかw

149. by Rinken 2006-08-19 23:50:03

はい・・・全部は読んでないのですが。
名前 :

確認語 : ※ここには「四七九二」を半角数字で入力してください。

内容 :